ヒブワクチン | 医療法人 河野医院(内科・小児科) 四條畷市

医療法人 河野医院(内科・小児科) 四條畷市

四條畷 河野医院(内科・小児科)
大阪府四條畷市楠公2-10-12
072−876−0241

ヒブワクチン

ヒブワクチンは、喉の奥の喉頭蓋や脳と脊髄を包む髄膜、肺、関節などに重大な病気を発症させる細菌であるヒブ「インフルエンザ菌b型」を原因とする様々な病気を予防するために接種するワクチンのことをいいます。2010年11月以降は公費助成が行われ、ヒブワクチンは多くの子供たちに摂取されるようになりました。

ヒブ「インフルエンザ菌b型」が原因で引き起こされる病気としては菌血症や肺炎、喉頭蓋炎などがありますが特に多いのが髄膜炎です。ヒブによって引き起こされる髄膜炎であるヒブ髄膜炎は5歳未満の子供にかかりやすく、発症した子供が保育園などに通っていた場合は他の子供に移してしまう危険があります。

そうならないためにも生後2ヵ月になった子供に対しては即座にヒブワクチンを摂取させるようにしましょう。

ヒブワクチンの接種に関しましては四條畷の内科・小児科 河野医院へご相談ください。

診療科 内科・小児科
診療時間 午前 9:00~12:00 午後 5:00〜7:00
休診 水、土の午後と日祝祭日
 
午前 ×
午後 × × ×

お問合せ
お問合せの皆様へ

メールによるお問合せは、すぐに回答できない場合が御座います。
お急ぎの場合は、電話にてお問合せ頂けますようお願い致します。

072−876−0241